格安スマホ(一万円スマホ)にポケモン GO入りました


メインスマホのZenFone MaxにPokémon GO(ポケモンGO)がインストールできなかったので、サブでテザリングぐらいにしか使っていない1万円スマフォ、「FREETEL Priori3 LTE(フリーテル プリオリ3)」にダメ元で入れてみました。

スペックはこんな感じです。

ひっかかりそうなのはメモリが1Gってとこですかね。

カラー ブラック/ホワイト/ヌーディーベージュ/ビビットオレンジ/ルビーレッド/ミントブルー
サイズ
高さ
:132mm
:65mm
厚さ
:8.9mm
重量 約120g
OS Android5.1
ディスプレイ(サイズ/解像度) 4.5inch/854×480(FWVGA IPS)
CPU MT6735M Quad Core1.0GHz 64bit
メモリ
内部RAM
:1GB
内部ROM
:8GB
外部メディア規格
:microSD
外部メディア最大容量
:128GB(SD/SDHC/SDXC)
カメラ
メイン
:800万画素
サブ
:200万画素
バッテリー
容量
:2,100mAh
取り外し
:可
連続通話時間 約650分※1
連続待受時間 約216時間※2
SIM※FOMA契約のSIMは利用できません
スロット数
:2(国内で使用できるのは1スロットのみ)
タイプ
:標準 / micro

SIMロックフリー

ネットワーク(周波数帯) 2G(GSM): 850/900/1800/1900MHz
3G(WCDMA):2100MHz(Band1)/800MHz(Band6/19)/900MHz(Band8)
4G(FDD LTE): 2100MHz(Band1)/1800MHz(Band3)/900MHz(Band8)/800MHz(Band19)
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)
Bluetooth
Version
:4.0 LE対応
Power class
:class 1
Profile
HID, DUN, OPP, SPP, HSP, HFP, A2DP, AVRCP, HDP, PBAP
NFC ×
テザリング Wi-Fi
Bluetooth
USB
センサー GPS搭載 (A-GPS対応) / 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / e-compass
同梱物 製品本体 / バッテリー / ACアダプター / USBケーブル / スタートアップガイド / SIM取り出しツールの使い方 / 保証書

ダメもとで入れてみました。

結果、問題なく入って動きました!!(あんまりすんなり入ったので、画像取り忘れました。ワクテカだったもので。。。)

IMG_0818

IMG_0820 いくつかGETしました。

FREETEL Priori3 LTE(フリーテル プリオリ3)ってのはさすがに1万円スマホなので、筐体とかはいかにもプラスチックって感じで、画面サイズも4.5インチで小さいし、UIも生のアンドロイドチックです。
メインで使うスマホとしては、熟練者じゃないと使いにくいかもです。

IMG_0819 こんな感じ。

でも、軽くて、小さいし、何より安いので、ポケモンGO専用機にするならこれでいいかな~

追記(7/24)

ARモードにすることができないことが分かりました。なので、カメラに映った画面とポケモンが合成される画面にはなりません。でも、ARモードにしなければ、普通に動くようです。
あと、炎天下でうろうろしていると「バッテリー温度超過」というメッセージが表示されて、冷えるまで使えなくなります。

いまのところ、問題点はそんなところです。

というわけで、このスマホの購入をお勧めするユーザーは、、

  • ARモードにならないけど、むしろ現実と仮想世界の区別があっていいかも
  • 使いすぎると、「バッテリー温度超過」ってでるけど、やりつづけ防止になっていいかも
  • 電池容量もすくないので、あまり長い時間できないけど、それでもいい
  • ポケモンGO専門端末にするので他の機能はほどほどでいい
  • とにかく、それなりにできれば安いのがいい

というユーザーかなーと思います。
とりあえず話題についていきたい、とか、子供にねだられて、しぶしぶ買ってあげるには、あまりのめりこませないでいいので、ちょうどいいのではないでしょうか。
詳細はこちらからどうぞー

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です